新館(現在の建物)
          家庭福祉相談室のあゆみ旧館


966年 「北海道クリスチャンセンター家庭福祉相談室」創設 個別相談形式
1967年 発達遅滞児、教育相談など母親のカウンセリングが増える。
      福祉相談室運営委員会設置 北星学園大学社会福祉学科に協力依頼
1970年 脳性マヒ児の母親対象にグループカウンセリング開始
      同時間帯、子どもグループも開設
1971年 自閉傾向・情緒障害・知的発達遅滞のケース増加
1972年 ケース増加のためスタッフを増員し、グループの数を増やす
      北星学園大学文学部社会福祉学科の実習機関となる
1975年 同窓会を開催、以後年一回の行事として定着
      健常児集団への受け入れの絆を求めて幼稚園訪問が多くなる
1979年 早期療育の場として2歳児グループを作り、グループ数4つとなる
1978年 Aグループ父親参観日実施(以後形をかえて継続

1984年 クリスチャンセンター新館に移転(専用スペースを設ける)
1985年 隣接するはこぶね保育園との交流保育を開始
1987年 第一回「障害児の発達と教育」セミナー開催(以後継続)
      相談室の活動を支える「家庭福祉相談室事業後援会」発足
1989年 「社会福祉法人 北海道クリスチャンセンター福祉会」の事業として認可
1994年 北区おもちゃ図書館の分室ができる
1995年 札幌市心身障害児通園事業の委託を受ける
1997年 母子通園グループ開設
1998年 札幌市障害児通園(デイサービス)事業の委託
2003年 支援費制度の指定事業者となる
2006年 障害者自立支援法による児童デイサービス事業に移行
2007年 「家庭福祉相談室」ホームページ開設
2008年 あそびの広場「ちびちび」開設
2012年 児童福祉法による児童発達支援事業に移行
     「保育所等訪問支援事業」開設
2015年 「放課後等デイサービス・らるご」開設

2016年 創設50周年記念行事開催 
     ●10月22日  記念礼拝 説教 雨貝行麿 先生
             記念祝賀会 「50周年の歩み、そしてこれから」

     ●11月19日 記念講演会 
         
講師
 田中康雄先生 (こころとそだちのクリニック むすびめ院長)
              演題 
 「幼児期に発達支援を受けるということ」 ー学童・青年期までを考えてー

    ●相談室レポート発行  〜発達援助に携わって No.20〜